ナビゲーションリンクをスキップ

アクティビティトラッキングとフィットネス指標の精度

Garminウェアラブルは、活動的で健康的なライフスタイルを促進する情報の提供を目的としたツールです。Garminウェアラブルは、動きやその他の指標を追跡するセンサーを利用しています。これらのデバイスによって提供されるデータと情報は、追跡するアクティビティと指標の正確な推定を目的としていますが、正確ではない場合があります。Garminウェアラブルは、医療機器ではありません。Garminウェアラブルが提供するデータは、医療目的に利用されることを意図したものではなく、いかなる病気の診断、治療、治癒、予防を目的とするものではありません。Garminでは、日常的な運動を開始する前に、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

手首心拍計の精度(Elevate)

Garminウェアラブル用の光学式手首心拍計(HR)は、任意の時点におけるユーザーの心拍数を正確に推定できる便利なツールです。光学式心拍計は、ユーザーの心拍数を毎日24時間監視するように設計されています。心拍数を測定する頻度は、ユーザーのアクティビティのレベルにより変化することがあります。Garmin光学式HRデバイスでアクティビティを開始すると、光学式HRモニターの測定頻度が高くなります。この目的は、特定のアクティビティにおいて、ユーザーに頻繁かつ正確な心拍数の読み取り値を提供することです。

弊社の手首式心拍計テクノロジは最先端ですが、このテクノロジには固有の限界があり、特定の状況で心拍数の読み取り値の一部が不正確になる可能性があります。そのような状況には、ユーザーの身体的特性や、デバイスの適合度および上記のアクティビティのタイプと強度が含まれます。心拍計のデータは、医療目的に使用したり、病気や体調不良の診断、処置、治療、または予防のために使用することは想定されていません。

Garminウェアラブルの一部では、スイミング中の手首心拍数の精度は非常に制限されているか、まったく機能しません。Garminでは、手首心拍数を有効にできるスイミングアクティビティプロフィールがウェアラブルにない場合、スイミングアクティビティに手首心拍数を使用することをお勧めしません。ウェアラブルの製品説明には、手首心拍数を有効にできるスイミングアクティビティプロフィールの有無が記載されています。一部の古いデバイスでは、手首心拍数はスイミングアクティビティプロフィール上で意図的に無効になっていることに注意してください。Garminでは、スイミング中に最高の心拍数精度を得るために、互換性のあるデバイスでHRM-Swim™またはHRM-Tri™心拍数モニターを使用することをお勧めします。

手首ベースのSpO₂の精度

パルスオキシメトリ(SpO₂)の測定値は、Garminウェアラブルで使用できます。この機能にアクセスすると、ユーザーの末梢血中酸素飽和度(SpO2%)の予測がいつでも利用できます。また、ユーザーが就寝中の間、継続してトラッキングするように設定することもできます。特定のデバイスでは、ユーザーの高度を表示しながら、1日を通して定期的にトラッキングすることもできます。

高い精度を確保するために最大限の努力が行っていますが、測定値が不正確になる原因となる特定の制限があります。ユーザーの身体的特性、デバイスの装着、周囲光の有無が読み取り値に影響を与える可能性があります。Garminは、測定機能の改善のため、今後デバイスソフトウェアをリリースする場合があります。SpO₂データは、医療目的に使用したり、病気や体調不良の診断、処置、治療、または予防のために使用することは想定されていません。

デバイスを過剰に動かしたり位置を変更すると、読み取り値の精度に影響を与える可能性があります。最高の精度を得るためには、アーム/センサーを約1分間静止させることが重要です。